読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小鈴日記

こんなこと書いてたんだなぁ…

疲れって悪者?

おはようございます、小鈴です。

過去記事を早速シェアしてくださった方、ありがとうございます。

朝の1日1記事を目標におっとりと

これからもお役に立てると幸いです。( ´ ▽ ` )


さて今日のテーマは

『疲れって悪者?』です。


まずはなぜ、疲れてしまうのか。


・スポーツをしたから

・仕事が忙しかったから

・何かを頑張ったから

・周りに気を遣ったから


シンプルに考えると無限にありますね。

それぞれの理由そのものは、決して悪いことではない。

むしろ、人生が充実している印でもあるなと気づきます。

なるほど、どんなにハッピーでも疲れないことはないんだなって

頭の片隅に置いておくことにして…_φ(・_・


ではストレスの話をします。

みなさんは良いストレスと悪いストレス、があるのをご存知でしょうか。


生活しているといろんなことがあるわけですが

カラダとココロは、なるべく一定の状態=健康を保つために


何かしら反応する

これが、ストレス反応です。


暑い→汗をかく

エネルギー消費→空腹感

食事を摂る→満腹感


特に意識しなくても、そうなりますよね。


つまり生きていることそのものが

ストレス状態、

それにうまく反応しているのが理想なのです。


では、良い悪いの基準は?


大まかに言うと

快・不快どちらに感じるか、です。

これは感情面に焦点をあてるとわかりやすいかもしれません。


☆夢や目標、良い環境、がんばろうという意欲の源となる刺激

\(^o^)/ 快→良いストレス。


★過労や苦しい人間関係、不安、怒り、悲しみ、痛み、無気力となる刺激

( ̄◇ ̄;) 不快→悪いストレス。


これら2種類のストレスがバランス良く、

その人の適応できる状態にあるならば

多少影響を受けても人は回復しようとするチカラがあるので

心身ともに健康を保つことができます。


汗をかいたから、衣服を脱ごう

(あるいはエアコン使おう、入浴しようなど)

お腹が空いたら、何かを食べよう

満腹になったら、食べるのをやめよう


やはり、さほど意識しなくても

動いている部分がほとんどですね。


では、冒頭に戻ります。


・スポーツをしたから、疲れた

・仕事が忙しかったから、疲れた

・何かを頑張ったから、疲れた

・周りに気を遣ったから、疲れた


「これ以上続くと、無理だよ」

「カラダとココロが、休みたいって言ってるよ」


つまり、疲れも正常なストレス反応の一つなのです。


昔から「お疲れ様」って良く言いますよね。

もしかすると古くの時代から人は

「お疲れ様」というキャラクターが

あなた自身の中にすでにいる、ということを

わかっていたのかもしれません。


「お疲れ様」の声、聞いていますか?


質問を変えますね。


もし仮に、

何か乗り物に乗っていて警報が鳴りました、

その時あなたは無視しますか?


そんなこと、危険ですよね。

避難するなり、安全を確認するなり

何かしら行動しようとするのが自然でしょう。


警報と疲れのサインは似たもの同士です。

せっかくの「お疲れ様」の声を

無視しちゃうなんて勿体ない ∑(゚Д゚)


ということで、今日のテーマ

『疲れは悪者?』への答えが出ました。


うーん、「お疲れ様」だよね♪( ´▽`)

f:id:ksz184:20160121205620j:plain

なんか調子出ないな

ヤル気が今ひとつだな

サボっちゃったな…


ダメじゃん、自分!と思う人に限って

真面目な方が多かったりします。


ここで、疲れを「大切に」キャッチしてみましょう ^ - ^


あれ もしかして、疲れてるのかな

そう言えば、ここのところ無理が続いてたし

頑張ったもんなぁ、自分 (。-_-。)

よし、少しペースダウンしようかな


こんな風に感じられると、

疲れたから、休もうという

より自分に優しい行動に自然とつながりやすくなります。


上手く逃げ道を作ったり、ゆるめたりすることで

ココロとカラダが回復すれば、

また本来のその人らしさが発揮されやすくなるわけです。


「お疲れ様」からのありがたい警報を無視して、

自分に鞭を打って努力したはいいが

それでもパフォーマンスが上がらずに

なんでだろう、ダメだ頑張らなきゃと もがき苦しむ、

いつの間にかカラダとココロが悲鳴を…

という展開を「自分で防げてしまう」なんて、スゴイ!


まぁネ、

そうは言っても休めないことも

ありますからね^ ^

どうしたら楽に乗り越えられるか

今度綴れたらなと企画中です。


【本日の教訓】

「お疲れ様」を大切に。


カラダとココロが楽になると、

幸せ感、UPしますよ☆


それでは、また(^-^)/

広告を非表示にする